Browsing "大門横丁"
11月 2, 2006 - 大門横丁    No Comments

さよならシェンロン。

先日のエントリーで紹介したシェンロンですが、結局けいちゃんにあげましたw
061102_1.jpg
▲満面の笑みw
だって、大門横丁でけいちゃんにあうと、
「みないで」「なんか変なやつきた」
とかいわれるので・・・w
先日、和解案として僕のほうから、
「シェンロンゆずる!でも、店のカウンターにかざっておいて。みんなのシェンロンにしよう!」
となげかけました。
そしたら、けいちゃんは、
「おめえいいやつだな!ほんとありがとう!」
ということで今日おいてきたわけです。ちなみにシェンロンですが、すっぽりカウンターにはまりました。
ちなみにけいちゃん、
「空き巣にやられないかな・・・。ゲラゲラゲラ(笑い声)」と心配していました。
まあ、なんともいえませんが、それこそシェンロンに願うしかでしょう!w

Read more »


10月 25, 2006 - 大門横丁    No Comments

さあ、願いをいえ。

ということで、サンクスでシェンロンをゲット!(笑)

順を追って解説しますと。。。時雨さんとともに大門横丁へ。1周年記念イベント最終日です。仕事をおえたティーエムオーの小坂さんもこられました。
061025_2.jpg
「けいちゃん」でハッピータイムサービスがあったりと楽しいときをすごしていました。
そしたら、けいちゃんがドラゴンボールのマグカップや缶のCDケースやらをたくさん出してきました。どうやら駅前のサンクスのドラゴンボールスピードくじを●●●●円分やったらしく・・・。タイチも一緒に・・・。1回500円。
「あのシェンロン(1等賞)がほしかった!」
と豪語していました。「6時の段階ではまだあったし、21本くじが残ってるはずだからあとで見てきて!」ということでした。ってか、よく調査してますね(笑)
で、小坂、しぐれ、あっがいの3人でサンクスへ。。。それぞれ4回、6回、4回引きました。
僕が引いてしまったわけです。
横丁へ戻り、けいちゃんへ報告。
061025_3.jpg
うらやましがるけいちゃん。
「おめえともう話きかね~~」「ありえね~~~」とか相当言われました。しまいには「土下座するよ、俺」とか(笑)本当に欲しかったんだね。。。
タイチやけんさんにも途中つかまりそうに・・・。椅子を振り回して立ち向かってくるけいちゃんも再登場!でも、なんとか帰ってきました!
今度、横丁に言ったら何て言われるんだろう・・・(笑)

Read more »


10月 24, 2006 - 大門横丁    3 Comments

らーめんまつり

なんだかんだで二日連続大門横丁エントリー(笑)昼になって「ラーメンくいて~」と思っていたら、大門横丁は1周年企画の4日目でラーメンまつりということを思い出しました。
061024_1.jpg
なんと、この日限り1杯100円!!!
061024_2.jpg
修学旅行生の行列!あんなうまいラーメンを100円で食えた君らはラッキーですよ。やっぱりうまい!龍鳳のラーメン!
明日は最後のジンギスカンまつりだそうです!

Read more »


10月 23, 2006 - 大門横丁    3 Comments

あれから一年。

最近はオンパクネタばかりですが。今日だけはこのネタでお許しください。おもしろくなかったらごめんなさい。
今日は大門横丁の1歳の誕生日です。
P1010035.jpg
グランドオープンの日の行列。
去年の10.23グランドオープンから一年が経ちました。激烈なスケジュールでのオープンをお手伝いさせてもらったのが懐かしいです。会社のファイルを整理していて、ファイルの日付を見るとなおさら激烈なスケジュールだったことを再認識します。
ちなみに今月、初年度の年間売上目標であった3億7千万円を前倒しで達成したようです。2年目に入りますが、これからも売上額を確保するために様々な販促イベントを行っていくようです。たとえば、毎月15日は横丁バルの日にするとか。いまは1周年記念キャンペーンを行っています。
これってすごい!
出店者も運営者であるティーエムオーもがんばっているんです!
オープン前はマスコミから叩かれまくっていて、オープンしたら前向きに報道されて、マスコミ批判かもしれないけど、あれってどうなんでしょうね・・・。オープン前の報道のことなんて、覚えてる人なんて当事者以外にいないと思うけど、あれって正直悲しいですよね。せっかくやるんだから、マスコミも応援して欲しいものでした。道南自体、政治的にも保守的な考え方が強いから、ある程度は仕方ないかもしれませんが。。。でも、やっぱり報道って批判の方が報道しやすいんでしょうかね。最近暗いニュースが多いけれど、だから実は探ってみるともっと明るいニュースがあったりするんだよね、たぶん。
話がそれてしまったけれど、大門横丁がこれからも地域の食のコミュニティの発信源として、そして大門地区だけではなく函館に新しい産業を生み出す原動力として活躍することを願ってやみません。
大門横丁、まだ行ったことがない人は一度は足をお運びください。きっと楽しい店主と出会いがありますよ。常連がいて入りずらそうと思っている方、「そんなことありません!」、必ず楽しい会話が生まれます。不便さから生まれるコミュニケーション。それが屋台の醍醐味、というか日本の飲食の醍醐味。
それにしても、去年の11月以降の大門地区の空き店舗率が減ったのが大門横丁効果と言っても過言ではないでしょう。和光ビルだって、経営者が変わってこれからおもしろくなると思います。やはり函館の顔は、様々なインフラが整っている駅前中心市街地「大門地区」であり函館の発展はここの発展なくしてはありえないでしょう。
ということで、
「函館の顔として」
「大門の顔として」
がんばれ大門横丁!


ページ:«12345678...13»