Browsing "G4"
6月 23, 2015 - G4    劇団G4 2015春公演終了と・・・ はコメントを受け付けていません。

劇団G4 2015春公演終了と・・・

※約2か月ぶりの更新です!お久しぶりです。

プリント
さて、私が所属している劇団G4の2015春公演「愛とバクダン」がおかげさまで無事終了しました!(気づいたらブログで告知すらしていなかった・・・)ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!お楽しみいただけましたか?関係者の皆さんはお疲れ様でした!舞台写真はこちら。

初の快挙として3回公演のうち2回の前売チケットが完売!うれしい悲鳴でございます。ちなみに私は前説とトークとミニライブの司会をしました。とても楽しい公演でした!

また、今年で3回目になる高校演劇部の同時上演。今回は中部高校さんでした!高校生が何かを一生懸命取り組む姿って何物にも代えられませんね!何度か青年センターに稽古で来てくれましたが元気をもらいました!

11110138_1592360097684113_5411247218471835758_n
そういえば、公演の取材を北海道新聞みなみ風さんにしていただきました!ありがとうございます。
この取材に私は写り損ねたはずなのに…某所で「中部高校の学生と演劇やるって言って一緒に載ってましたね!」と言われたのが個人的にウケましたw どなたと間違ったのかな~まあ、G4のことで記事になってるから載ってて当然という潜在意識があるかもしれませんね。もしそうだったら大変光栄です。

1506g4_21
今回は新人4人が加わった公演!役者は総勢15名でした!
それこそ話の舞台は劇場!個性あふれる演出、脚本家、役者、裏方スタッフなどが次々と登場します。舞台を作りあげていくなかで未来から来た「人間爆弾」が登場・・・物語の鍵となってお話が進んでいきます。人間爆弾を回収しようと未来からやってきた科学者とアンドロイドも個性的。なんといっても、照明や音響も役者を兼ねるという斬新な作り!客席の後ろからセリフを発しました。最初にその作りを知ったときは衝撃でした。さすがマイクさんです。あっ!ランウェイの照明はテンションがあがりますねw 舞台写真はこちら。

150621snap049
また、2年間一生懸命劇団を盛り上げてくれた関場君のラスト公演でした!
色紙にみんなでメッセージを書いてプレゼントしました!劇団員以外では芸術ホールスタッフやステージラボメンバーにも書いてもらいました。ご協力いただいた皆さんありがとうございました。彼がいなくなると寂しいというか静かになるわ~(ほめ言葉w)

そして、打ち上げの最後には大事な発表もしました。はい・・・
代表木村と仙石は今年11月23日(月・祝)の箱館演劇ライン(旧:函館演劇フェスティバル)参加公演をもって劇団G4を退団します!12年目の決意です。これまで劇団員としての私を応援していただいた皆さん、ありがとうございました!

なお、急な発表だったためその場にいたメンバーに衝撃が走りました・・・ビックリさせてしまい申し訳なかったと反省しています。

しかし、最近は若いメンバーがたくさん入りました!この決意は芝居の作り方や取り組み方、組織体制・運営のことなど、年上の顔を気にすることなく活動してほしいという思いからです。もちろん今すぐ「はい!さよなら!」というわけにはいかないので、11月以降は飯塚氏指名の相談役として劇団を全力でバックアップ(それって・・・稽古に行かないだけか?w)し、違った側面から函館演劇界もあわせて全力で盛り上げていきたいと思っています!私にとってサークル活動の原点は劇団G4なのでつながりはずっと大事にしていきたいです。

これからも劇団G4および函館演劇界発展のためのご支援をよろしくお願い申し上げます!


3月 14, 2015 - 日記, G4    劇光カルメン観劇 はコメントを受け付けていません。

劇光カルメン観劇

今週はいいお芝居を2つも見たな~何だか得した気分でルンルンです!

150314karumen2s
劇団G4のメンバーがたくさん参加している「劇光カルメン」の初回を観劇してきました!

普段函館では見ることはできないような素晴らしい演出・構成でした!ダンスも主題歌の演奏(!)も照明も映像も装置もあんな風にできるんですね!函館の歴史や小ネタもところどころちりばめられていてよかった!ネタバレになるからこれ以上は言えないですが・・・

最後の舞台あいさつで加藤さんが「演劇をカジュアルに見られるよう、それがスタートになる舞台」と言っているのを聞いて激しく共感しました!そのことで、演劇をカジュアルにやれるようにもなり、演劇活動が活性化すればいいな~と思いました。

21人の参加者一人ひとりの個性が引き出された迫力ある舞台でした。東京サムライガンズの皆さん、モダンピースの佐々木さん、芸術ホールスタッフの皆さん、そしてこの舞台に関わっている皆さんありがとうございます!とても楽しい、あっという間の1時間半でした!

参加者の皆さん、明日もファイトです!っていうか、超楽しそうだったのでズルイです!w また役者やりたくなったw

本日のチケットは完売(超満員!)でしたが、明日は若干(!)残っているそうです。ぜひご来場ください!

公益財団法人北海道文化財団公益財団法人函館市文化・スポーツ振興財団主催による「舞台創造支援事業」函館市芸術ホールステージラボ2014 舞台工房 参加者修了公演に、キャストとして劇団G4の梶原沙紀、山本真希、坂口久美子、佐藤みほ、飯塚優が参加しています。また、演出助手として米谷志緒、林佐和子(兼自由形サークルLet’s)も参加しています。ぜひ足をお運びください。

北海道文化財団主催舞台創造支援事業
ステージラボ2014 舞台工房修了公演

「劇光カルメン」

■脚本/演出/総合監修
加藤隼平(東京サムライガンズ

10898117_774581985955732_7280912954161994042_n 10952396_774582065955724_4259205951112004456_n
27万人の函館市民に告ぐ この情熱で目を覚ませ!!

■あらすじ
舞台は10年前、閉鎖寸前の函館タバコ工場。
最後の大納会に向けて女工たちはリーダーの波田野愛を筆頭に『カルメン』の練習をしていた。そんなある日、工場に来た新聞記者の親子が一冊の手帳を落としていく。それを拾った女工達に衝撃が走った!!その中に書かれてあった内容とは…?しかし、それはこの後に続く事件の始まりに過ぎなかったのである―。

■日時
①3/14(土)19:00
②3/15(日)13:30
③3/15(日)17:30
※開場はいずれも30分前です

■場所
函館市芸術ホール・ギャラリー

■チケット
一般1,000円 学生500円
※各回100席ほどご用意いたしておりますので日時を指定してお買い求めください(完売の場合は御免なさい)
チケット販売開始は2/14(土)から!

■チケット取扱
函館市芸術ホール、函館市民会館、七飯町文化センター、北斗市総合文化センター

■出演キャスト
・舞台工房参加者
庭田育美、平原千聖、梶原沙紀、高山優寧、山本真希、西澤枝美、松井愛民、齋藤俊英、神弥生、古林園恵、坂口久美子佐藤みほ、西村カノン、梅木彩羽、北見さわ子、近江衿奈、岩川姫子、佐々木康弘、飯塚優

・賛助出演
志賀守(東京サムライガンズ)、星野ケンジ(東京サムライガンズ)、舩原孝路(東京サムライガンズ

・友情出演
active-A

■スタッフ
脚本・演出・総合監修/加藤隼平(東京サムライガンズ
振付・ダンス指導/佐々木貴仁(モダン・ピース)
舞台・照明/函館市芸術ホール
音響/富山那津子(ORANGE COYOTE)
美術/舞台工房参加者一同
衣装/佐藤久仁子(maison de couturier OZ)
演出助手/米谷志緒(劇団G4)林佐和子(自由形サークルLet’s)
楽曲提供/active-A
宣伝写真/佐々木康弘(編集企画室インサイド
宣伝美術/隅田信城(岡部広告室
記録撮影/高橋誠二(メディコムタカハシ

■お問い合わせ
函館市芸術ホール(0138‐55‐3521)

■パンフレット
 公演告知チラシ(PDF形式)

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


3月 8, 2015 - 函館, 日記, G4    予告篇「コロッケとヘソクリ」 はコメントを受け付けていません。

予告篇「コロッケとヘソクリ」


昨年11月にすべて函館で撮影された短編映画「コロッケとヘソクリ」の予告編がついに公開されました!このおうち、私の家に遊びに来たことがある人は見たことがあるのでは?w 撮影時のお話はこちら。

一眼レフの動画機能で撮影されていたので、仕上がりの美しさが際立ちます!深度が浅いことと絞りが最大限発揮されていますね~自主製作映画と思えないほど、被写体にしっかりとパキっとピンが入っています。

早く本編が見たい。応援よろしくお願いします!

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


3月 5, 2015 - 函館, G4    ステージラボ2014 舞台工房参加者修了公演「劇光カルメン」 はコメントを受け付けていません。

ステージラボ2014 舞台工房参加者修了公演「劇光カルメン」

公益財団法人北海道文化財団公益財団法人函館市文化・スポーツ振興財団主催による「舞台創造支援事業」函館市芸術ホールステージラボ2014 舞台工房 参加者修了公演に、キャストとして劇団員の梶原沙紀、山本真希、佐藤みほ、飯塚優が参加しています。また、演出助手として米谷志緒、林佐和子(兼自由形サークルLet’s)も参加しています。ぜひ足をお運びください。チケットに限りがありますのでお早めにお買い求めください。

11052905_817605011650434_8658294703124651140_o
青年センターで活動している「劇団G4」「41×46」「自由形サークルLet’s」のメンバーが役者やスタッフで多数参加していることから青年センター前に立て看板も立てました!FBで練習の様子を見ていると本当に楽しそうです。うらやましい・・・

北海道文化財団主催舞台創造支援事業
ステージラボ2014 舞台工房修了公演

「劇光カルメン」

■脚本/演出/総合監修
加藤隼平(東京サムライガンズ

10898117_774581985955732_7280912954161994042_n 10952396_774582065955724_4259205951112004456_n
27万人の函館市民に告ぐ この情熱で目を覚ませ!!

■あらすじ
舞台は10年前、閉鎖寸前の函館タバコ工場。
最後の大納会に向けて女工たちはリーダーの波田野愛を筆頭に『カルメン』の練習をしていた。そんなある日、工場に来た新聞記者の親子が一冊の手帳を落としていく。それを拾った女工達に衝撃が走った!!その中に書かれてあった内容とは…?しかし、それはこの後に続く事件の始まりに過ぎなかったのである―。

■日時
①3/14(土)19:00
②3/15(日)13:30
③3/15(日)17:30
※開場はいずれも30分前です

■場所
函館市芸術ホール・ギャラリー

■チケット
一般1,000円 学生500円
※各回100席ほどご用意いたしておりますので日時を指定してお買い求めください(完売の場合は御免なさい)
チケット販売開始は2/14(土)から!

■チケット取扱
函館市芸術ホール、函館市民会館、七飯町文化センター、北斗市総合文化センター

■出演キャスト
・舞台工房参加者
庭田育美、平原千聖、梶原沙紀、高山優寧、山本真希、西澤枝美、松井愛民、齋藤俊英、神弥生、古林園恵、坂口久美子、佐藤みほ、西村カノン、梅木彩羽、北見さわ子、近江衿奈、岩川姫子、佐々木康弘、飯塚優

・賛助出演
志賀守(東京サムライガンズ)、星野ケンジ(東京サムライガンズ)、舩原孝路(東京サムライガンズ

・友情出演
active-A

■スタッフ
脚本・演出・総合監修/加藤隼平(東京サムライガンズ
振付・ダンス指導/佐々木貴仁(モダン・ピース)
舞台・照明/函館市芸術ホール
音響/富山那津子(ORANGE COYOTE)
美術/舞台工房参加者一同
衣装/佐藤久仁子(maison de couturier OZ)
演出助手/米谷志緒(劇団G4)林佐和子(自由形サークルLet’s)
楽曲提供/active-A
宣伝写真/佐々木康弘(編集企画室インサイド
宣伝美術/隅田信城(岡部広告室
記録撮影/高橋誠二(メディコムタカハシ

■お問い合わせ
函館市芸術ホール(0138‐55‐3521)

■パンフレット
 公演告知チラシ(PDF形式)

おまけ・・・
11003103_813904125353856_2101672158_o
おじさんたちも待ってますw

また、今回の公演で演出・脚本をつとめている函館出身の加藤隼平さん(東京サムライガンズ)が函館蔦屋書店で3月8日(日)18:30から「Life is Dramatic!―コミュニケーションツールとしての「演劇」―」と題してトークライブを行います!こちらもあわせてよろしくお願いします。詳細はこちら。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 28, 2015 - G4    演劇三昧 はコメントを受け付けていません。

演劇三昧

150227otsuka16
ステージラボ2014 コンプレックス・シアターVol.3 参加作品 「大塚衝撃王(仮)」の公演が2回とも無事(?)終了しました!2回公演で105名のお客様にご来場いただきました!ありがとうございました!劇団G4ホームページに公演写真をアップしました!どうぞご覧ください!

150228comp4s
ということで、自分のところの公演が終わったのでホッと一息?!

今日はずっと観劇!パスチケットで立て続けに5本見ました・・・さすがに疲れました・・・w

個人的には教育大演劇部劇団PaPの派生グループ「劇団bab」の「犯罪ウォッチ」が一番笑いのツボでした!「41×46」の「不意うちクラッカー」は脚本・演出の完成度が高すぎてビックリ・・・役者もハマっていて最高でした!っていうかズルいw 芝居組「虎」と未来大演劇部「劇座不手際」のユニット「楽しいふてとら一家」の「漫画家 手塚藤子の憂鬱」もとても丁寧に作りこまれていて楽しい公演でした!

やっぱり喜劇がわかりやすくて見ていて安心しますねw

コンプレックスシアターは明日まで実施されています!
お時間がある方はどうぞ足をお運びください!
公演時間は下記の通りです!投票結果が気になるところです・・・

2015-01-21-02.34.40

コンプレックス・シアターVol.3(最終日)
3月1日(日) ※一本目は11:20開演
場所:函館市芸術ホール リハーサル室
出演団体(かぎカッコ内は作品名)
・劇団Lay『リボンは代わりに置いてきた』
・劇団bab『犯罪ウォッチ』
・K.O.project『木常唯の複雑な乙女心はケチャップ色』
・楽しいふてとら一家『漫画家 手塚藤子の憂鬱』

パスチケット:一般/3,000円 学生/1,500円【お得です!】
1ステージチケット:一般/1,000円 学生/500円

パンフレットはこちらからダウンロードしてご覧ください。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


ページ:1234567...50»