Browsing "科学楽しみ隊"
8月 21, 2015 - 科学楽しみ隊, 科学祭    科学演劇「銀河新幹線の夜明け」のお知らせ(8/22) はコメントを受け付けていません。

科学演劇「銀河新幹線の夜明け」のお知らせ(8/22)

久しぶりの更新です!Wordpressのプラグイン更新数が多すぎてビックリするぐらい、管理画面も久しぶりに開きましたw

さて、本件前日のお知らせになってしまいました。青年センターブログではお知らせさせてもらいましたが、私のブログでもお知らせします!

150809kagakusai010
この演劇は函館高専演劇愛好会と科学楽しみ隊による共同作品です。来年3月に新幹線が開業することもあってタイトルは「銀河新幹線」、科学をより身近に感じてもらえるよう函館高専演劇愛好会が工夫をこらしオリジナル脚本を仕上げて、演出も行います!内容は「時空を超えて旅するちょっと特別な新幹線のおはなし」です。科学楽しみ隊からは石井さん、工藤さん、私が役者として出演し、笹原さんが脚本校正&舞台監督です!大変光栄なことに「はこだて国際科学祭2015」のステージイベントのトップバッターでございます!

150717engeki5
この約3カ月間、高専の学生さんといつも楽しく稽古をさせてもらいました!若い人たちからいつも元気をもらいました!写真は青年センターですが、ほぼ毎回高専で稽古をしました!もう何回も入っているのに、昨日も校舎の中に入るのがドキドキ!

150809kagakusai005
久しぶりの役者!車掌役として出演します!周囲からはガキデカって言われまくりましたw

150809kagakusai009
「銀河新幹線への御乗車誠にありがとうございます!当新幹線は時空を超えて様々な星へのご旅行をご案内いたしております!」
入場無料です。ぜひ足をお運びください!

はこだて国際科学祭2015
科学演劇「銀河新幹線の夜明け」
開催日時 2015年8月22日(土) 第1回 11:00~、 第2回13:30~
会 場 五稜郭タワーアトリウム
住 所 函館市五稜郭町43-9
対 象 子どもから大人まで
参加費 無料
申込方法 申込不要
出演者 出演:函館高専演劇愛好会、SSH科学楽しみ隊
主 催 サイエンス・サポート函館


4月 18, 2015 - 日記, 科学楽しみ隊, 青年センター    Fe+3/4O2+3/2H2O=Fe(OH)3+96kcal/mol はコメントを受け付けていません。

Fe+3/4O2+3/2H2O=Fe(OH)3+96kcal/mol

※約20日ぶりの更新です!毎日更新って、よくよく考えてみたら無理がありましたね・・・しかしまあ、良く書いていたもんだw

さて、このほど科学楽しみ隊の例会がありました!書く時間がやっとこさできたので書きます。

150414tanoshimi12
今週火曜日に定例会が行われました。この日の科学お楽しみタイムはみんなでホッカイロを作りましたよ!

150414tanoshimi26
Fe+3/4O2+3/2H2O=Fe(OH)3+96kcal/molということで・・・

鉄と酸素と水が化学反応すると、水酸化第二鉄が出来るのと同時に熱が発生します!ちかこ先生が用意した材料では76℃まで上がりました!

150414tanoshimi27
また、市販のホッカイロをペットボトルの中に入れて酸素ボンベで急激に酸化させました。ペットボトル内の酸素濃度が20%ほどからほぼ100%になることで、鉄の酸化に使われてなくなってしまったため、中がほぼ真空状態になったので、外の気圧に押されてペットボトルが凹みます。笹原さんは凹みません。

ちかこ先生、準備ありがとうございました!

今年9月の青年センターフェスティバルにおいては、科学楽しみ隊はこの実験を出展することに大決定しました!!!ぜひ体験しにきてください。

150413kawaraban2s
あと宣伝!
先日発行された青年センター広報誌「ゆぅすかわらばん第15号」まちづくりセンター広報誌「はこまち通信 第32号」に科学楽しみ隊が取り上げられています!市内各公共施設に設置されていますし、リンク先(ゆぅすかわらばんはこまち通信)からPDF形式で見られますのでぜひご覧ください。ゆぅすかわらばんは当然仕事として編集に関わりましたが、はこまち通信はまちセンスタッフから依頼があり原稿を書かせてもらいました。科学楽しみ隊をより多くの人に知ってもらうことを心掛けましたが、書いているうちに団体PRチラシにそのまま使えるほど情報の整理ができたのでとてもよかったです!

科学楽しみ隊では、科学に関心があって「みんなで仲良く楽しく」活動できる方であればどなたでも入会することができます。毎月第2火曜日夜に行われる定例会@青年センターでは「お楽しみ科学実験」を行います!お試し参加も歓迎しております!お気軽にお問い合わせ(サイエンス・サポート函館事務局 0138-34-6527 公立はこだて未来大学内 担当/金森)ください!

※とまあ、こんな感じで気が向いたら書きます。無理なく続けていけたらと思いますので、末長くこのブログにお付き合いください!


3月 4, 2015 - 科学楽しみ隊    七飯養護学校高等部の出前講座 はコメントを受け付けていません。

七飯養護学校高等部の出前講座

今日は科学楽しみ隊として井上さんを中心に北海道七飯養護学校高等部の出前講座のお手伝いに行ってきました!
先日行った科学楽しみ隊例会のデモンストレーションはこちら。 毎度のことですが井上さんはほんとにすごい・・・!?

150304nanae22
最初にドライアイス実験を行いました!

ドライアイスの上にスプーンをのせて音がなる実験、ドライアイスにお湯を入れたら白煙が出る実験、その煙で蝋燭の火を消す実験、シャボン玉を煙の上に吹いたらどうなるかの実験、ドライアイスにエタノールを入れて超低温の液体を作ってバナナとマヨネーズをその中にいれて凍らせる実験を行いました。

150304nanae46
もう一つはバランストンボのワークショップを行いました。それにしても不思議ですね~。学生さんにはあらかじめこちらで用意した材料をノリで貼りあわせてもらい、羽を折る作業としならせる作業をしてもらいました。
制作後のバランストンボのバトンリレーもみんな真剣に取り組んでくれましたよ!練習時に私の腕をつかんで走ってくれた子がいて本当にうれしかったです。行ってよかった!

150304nanae70
最後に学生さんからココロのこもった御礼のお手紙と職業体験で作った作品をいただきました!こういうものは涙モノです。ありがとうございます。

科学楽しみ隊の活動を通じてこれからもこういった社会貢献活動にも取り組んでいければいいなと思いました。生徒一人一人の障がい特性や発達段階が異なりますから、普段のワークショップでは得られない貴重な体験をさせてもらいました。このような機会をいただけたことに感謝です。科学祭に遊びに来てくれたらうれしいですね!

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 10, 2015 - 科学楽しみ隊    七飯養護学校高等部出前講座のデモ はコメントを受け付けていません。

七飯養護学校高等部出前講座のデモ

来月、七飯養護学校高等部にちかこ先生を筆頭に科学楽しみ隊として出前講座に行きます!
今日は定例会だったので、そのデモンストレーションを七飯養護学校の先生同席のもと行いました。

150210tanoshimi003
ムラサキイモの色変わり実験では、クエン酸や洗剤などをムラサキイモのコップに入れることで色が変化しますので、そのことでそれぞれの液体が中性か酸性かアルカリ性かを知ってもらいます。今日のデモで使ったのは11種類です。こんにゃくもありました!

150210tanoshimi010
次に二酸化炭素の固まりドライアイスの実験です。ドライアイスは液体にならず直接気体に昇華するわけですが、スプーンをドライアイスの上に置くと気体がそれを持ち上げるため細かい動きをして「カタカタカタカタ!」と音が鳴ります。

150210tanoshimi013
そしてドライアイスを割ってみて・・・

150210tanoshimi023
コップに入れてお湯を注ぎます!すると・・・ご存知の通り、大量の白煙が発生します!

150210tanoshimi017
コップのフチにシャボン玉の元で幕をはると・・・煙を閉じ込めることができます!

150210tanoshimi033
シャボン玉を吹き付けると・・・白煙の上を跳ねます!

という感じで定例会のお楽しみタイムが進みました!
私は来客があったためここで途中退席・・・

3月4日、七飯養護学校のお手伝いがとても楽しみです!

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


1月 25, 2015 - 科学楽しみ隊, 科学祭    科学祭キックオフ はコメントを受け付けていません。

科学祭キックオフ

150125kagakusai_009
はこだて国際科学祭2015実施に向けてアイデアの共有と交流の場であるキックオフイベントがまちセンで行われました。冒頭では「3周目に入ったはこだて国際科学祭」と題して、サイエンス・サポート函館代表の美馬のゆり未来大教授からお話がありました。毎年のテーマは環境・食・健康のサイクルで巡っていますが、今年の科学祭のテーマは「環境」です。(※藤原さんによるファシリテーショングラフィックによる講演内容が可視化された模造紙もあわせてご紹介します。)

同時にサイエンス・サポート函館 活動指針も発表されました!

よりよい社会を実現するために
1. 科学をまちに出す
2. みんなで話をする
3. 函館から世界を変える

その1 「科学をまちに出す」
身近にある科学をみつける
研究室にある科学を持ち出す
科学と縁遠い人たちに接近する

その2 「みんなで話をする」
新しいことを知り周囲に語る
まわりを巻き込み形にする
楽しみながら役立てる

その3 「函館から世界を変える」
世界で起きていることに目を向ける
足元にある課題をみつけ解決する
よりよい地球市民となる

150125kagakusai_042

最後に科学コミュニケーションの目的をエリ・ヴィーゼルの言葉を例にお話されていました。「愛の反対は憎しみではなく無関心」ということで、科学を好きになってもらうことではなく関心をもってもらうことが大事とのことです。

美馬先生のお話の後はこれまで参加した方、今年出展予定の方から話題提供がありました。

150125kagakusai_020
科学祭企画展STAFFの谷口雅春さん(季刊誌KAIライター)

150125kagakusai_043
講演では、科学祭のテーマをツールに地域のことを掘り下げて固有性(函館らしさ)への気づくこと、「こうあってほしい函館」の枠組みに関わることについてお話されました。

150125kagakusai_030
縄文文化交流センター 館長 阿部千春さん

150125kagakusai_044
縄文文化の概要やそれについて関心が高まる背景についてや、縄文文化から見える「死と再生の循環」などをお話されました。
中空土偶は間接部分で意図的に壊れやすくなっています。市立函館病院でCTスキャンしたときの話がおもしろかったですw 科学的ストーリーを伴う体験プログラムなどご提案がありました!

150125kagakusai_038
道南農業試験場の安積(あさか)大治さん

150125kagakusai_046
最近の農薬は決められた使用法を守れば安全で環境への負荷も大きくないという話から、環境への負荷が問題となっているのは窒素だということです。作物の吸収する量に見合ったものであれば持続可能です。農業から排出される主な温暖化ガスは二酸化炭素、亜酸化窒素、メタンなどです。ちなみに農業全体から出る温室効果ガスはCO2換算で年間50~60億トンで全体の13%程度とのことです。

KAN_1930
まことに僭越ながら私が最後の話題提供でした!

150125kagakusai_051
「おうちでサイエンス×演劇 科学楽しみ家の誕生 ~次世代の若者のためにできること~」と題して、3つの立場(青年センター、科学楽しみ隊、劇団G4)から話題提供させてもらいました。

サイエンス×演劇を通じて 次世代の若者にできることとして下記のとおりまとめました。
・幼いころに学校以外で科学技術の知識を学んだり、化学反応に触れる機会を提供すること
・演劇という手法を用いて科学をわかりやすく伝え、それに関しての理解を深めてもらうこと
・科学が日常生活や自分自身の価値観・知識と密接に関係していることを知ってもらい、科学をより身近に感じてもらうこと
・これらの活動を通じて、手先や頭を動かし論理的思考を養う機会を提供すること

「楽しかった」「おもしろかった」などの「良い記憶」を残すことで、科学を学ぶための着火剤とする。

大学の恩師である美馬のゆり先生にほめられたのが一番うれしかったです!!!

150125kagakusai_070
休憩をはさんでアイデア共有ワークショップが行われました。
すでに何らかのテーマを持っている人が最初にプレゼンをします。テーマで班分けをしましたが、自分が気になったのところに着席し、それについて「結論は出さない!」を基本として模造紙にアイディアをたくさん落とし込んでいきます。今回出たテーマはエコカー「iCar」、ビーチコーミング、サイエンスイベント告知ボード、木、住まい、野生動物でした!

150125kagakusai_089
約40分間のアイディア出し後に各班から発表がありました!今年も楽しいプログラムが生まれそうです!はこだて国際科学祭は市民のみんなで作り上げていくお祭りです。また、異なる専門分野の人と交流ができるのも魅力です。たくさんの方のご参加をお待ちしております!

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


ページ:1234567...13»