Browsing "科学祭"
8月 26, 2012 - 科学祭    No Comments

サイエンスあかちょうちん

120826_1_DSC05876.jpg
毎年恒例の科学祭打ち上げ!サイエンスあかちょうちん!
今年は幹事を郷六さんにお願いして滞りなく結びまでいきました。
ありがとう。楽しみ隊では今年のMVPは郷六さんです!
120826_2_DSC05879.jpg
科学祭女子部!あれ?センスで顔を隠しているのは誰だ?!w
「正しい純粋なMさん」ですw
120826_3_DSC05881.jpg
この構図。なかなか撮れないぞw
120826_4_488373_147819215356733_1048607552_n.jpg
撮影は洞内さん!
昨日のサイエンスクイズラリーで披露した
女将さんと番頭さん演技を田柳先生のリクエストにより再演!
残念ながら、見事カミカミでしたw
大変失礼しました・・・
もう一回やりたい!!!
そして・・・そろそろ舞台に立ちたいぞ。
120826_5_DSC05889.jpg
3次会・・・
湯の川の某焼き鳥屋さん!
名ゼリフ
「どこに出しても恥ずかしいオタクなんだから!」
こんな言葉考えても出てこないわw
科学祭関係者の皆さんお疲れ様でした~
ご来場いただいた皆さん、ご参加いただいた皆さんありがとうございました!
さぁて、来年はどんな科学祭になるかな?
———————–
10位に下落・・・
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ


サイエンスクイズラリー

120825_1_DSC05806.jpg
今日はサイエンスクイズラリー!
昨年とはかかわり方が変わってのスタッフ参加。
出題係である番頭さん役!
甚平を着ての参加!多少の小芝居もw
ビットアンドインクの皆さん!
昨年からのちゃんとした引継ぎもなくあそこまで仕上げてくれてありがとうございます!
やっぱり、自分の価値観や感覚で「引き継げた」と勝手に
思ってはいけないことがよくわかりました。
とくにノウハウ系やイベント・・・
やっぱり一人の頭の中だけにあるというのはいぐない・・・
それも痛感。
しかし、その活路を見出してくれたいすずさんには感謝。
台本があることでとてもゆとりを持って出題を進めていくことができました!
出題にも集中できましたし・・・
裏方と表方を両方やってこそ体感できること、
いろんなイベントに参加することで、私の肥しになっていく。
その環境にいれることにも感謝です。
馬車鉄道、洪水の仕組み、湯の川の源泉温度など・・・
科学だけでなく湯の川の歴史も学べる内容!
120825_2_DSC05829.jpg
120825_3_DSC05822.jpg
子どもたちが大いに食いついた。
川の実験と紙飛行機サイエンスショー!
郷六さんのリズミカルなノウハウと言ったらもう・・・超プロ!
楽しみ隊のノウハウが蓄積されてすごいことになってますw
120825_4_484508_358525187555462_2137947159_n.jpg
私ですが、終盤は声ガラガラ、足もガクガクで出題・・・w
(ものしり片桐さん撮影)
それにしてもこのサイエンスクイズラリーは全国でも誇れるレベルのプログラムです!ワークショップでコンテンツを集めて、正味3週間で細部までストーリーを作りこんで演出まで考えるという・・・みんなの「愛」がないとできないわw
関係者の皆さん、お疲れ様でした!
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!
さて明日は・・・キッチンサイエンス!
———————–
10位に下落・・・
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ


8月 23, 2012 - 科学祭    No Comments

科学夜話3日目

120823_sen59_00107s.jpg
魚道って知ってる?ホントに??
NPO法人北海道魚道研究会の奈良哲男氏、佐藤哲也氏が講師。
魚道ってよく聞く言葉ですが・・・
知っているようでなかなか知らない。
河川の環境・生態系を守るのが魚道ということですが!?
え?ほんと?
実は人間のエゴが彼らの住む場所に介入し
お魚さんたちが住む自然を壊してしまっているのが現状です。
例えばダム・・・人間は自分たちを守るために盾を作ります。
しかし、お魚さんにとっては迷惑はなはだしいわけです。
遡上したいのにできない!
そんなお魚さんたちのための補助通路が魚道です!
(間違ってないよね?)
人間が壊したんだから、
なんとかしてあげないと同じ生物として道理に反しているのでとてもよい取組です。
しかし、実際に設置しても機能していない魚道もあることも確かです。
やってみなけりゃわからない!はどんな業界にもあります。
一生懸命設計はしているものの・・・土砂がたまってしまうことが原因です。
今日は実際に魚が遡上する映像も見せてもらいました。
昨今では土砂がたまらないように、魚道の壁を斜面(台形のように)にすることで
お魚さん以外のエビやカニなどものぼっていくようになったとのことです。
魚道をなくしても生物が生きていける自然がベスト!
これが大前提ということをおっしゃっていました。
お魚さんにとってはダムがなくなれば解決しますがそうもいかないですよね。
(しかし、稀にダムを壊すこともあるそうです。)
今日は生命哲学的なお話を聞くことができました。
ありがとうございました!
120823_sen59_00001s.jpg
おまけ。
なかなかお会いできない人同士で記念写真w
【予告!】※公式ウェブより転載
科学夜話スペシャル
「海・環境・エネルギー 〜北海道から函館から未来が変わる〜」
はこだて国際科学祭2012 のメインテーマ「海・環境・はこだて」にちなみ、「環境・エネルギー」について、そしてその「海」との関係について、分かっていること分かっていないこと、出来ること出来ないこと、やるべきこと変えるべきことについて、来場者・ゲストも参加しながらの議論を目指します。
ふだんの暮らし、観光業や水産業やものづくり、行政や科学技術の専門領域…、それぞれの立場で色々な意見があるでしょう。さて、一人ひとりの「!?」を「!!」に変えるには——。 会場参加型のディスカッションでは、来場者の方々もゲストスピーカーの1人です。皆様のご参加をお待ちしています。
日時:2012年8月24日(金) 18:30〜20:30 (開場18:00)
会場:函館市中央図書館視聴覚ホール
対象:大人向け
ナビゲーター:藤井賢彦(北海道大学大学院地球環境科学研究院 准教授)
ゲスト:多数予定(当日のお楽しみ)
参考:GiFT 北海道大学から世界へ未来へ 藤井賢彦 准教授 「ごみの山を宝の山に」
———————–
9位に上昇!
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ


クイズラリーリハ2回目!(最終)

120822_1_DSC05787.jpg
今日は先週に引き続きサイエンスクイズラリーの最終リハーサル!
おかげさまで両時間ともに満席!
最終リハの出発前に念入りに打ち合わせをしました!
いや~笑った笑ったw
今年一番笑ったといっても過言ではないかもしれない。
しばらくの間、Sさんが何を言ってもおもしろかった!
同席していたMさんとはその旨二人でアイコンタクトw
笑いのツボが同じと再認識!
120822_2_378705_273947909386832_2063300750_n.jpg
各地点でいろいろと確認していきます。
写真は湯の浜公園での一コマ・・・(片桐さん撮影)
イベントの作り込みって、演出もそうだけど事前準備がとても重要。内容が子ども向けになればなるほど、参加者にとって敷居の低いものとしたければするほど、その度合いは増します・・・
あっがいは番頭役なので甚平を着ています。
郷六さんの言うとおり、かなり散らかっていました・・・
みんなで使う公園なのにどうしてあんなことするんだろう。
当日は清掃しないとね!
さて3日後は本番です!
風邪を治さないとね・・・
それにしても歩いた歩いた。
———————–
10位に下がった・・・!
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ


8月 21, 2012 - 科学祭    No Comments

科学夜話2日目

120821_sen59_00142.jpg
函館工業高等専門学校の片岡沙都紀助教をお迎えして
「科学夜話2 水底の燃える氷を追う」が中央図書館の「カフェボルヤン」で行われました!
新エネルギーとして注目される、燃える氷「メタンハイドレート」のお話。
オホーツク海や日本海の粘土層中に存在している表層型(0m)と、
南海トラフなどの砂層中に存在している深層型(200~300m)の2種類あり、
まだまだ未知の資源エネルギーということです。
実際に燃える氷も映像で見せてもらいました!
写真にもあるように・・・参加者からこんなに質問がありました!
【次回予告】※公式ウェブより転載
科学夜話3 魚道って知ってる?ホントに??
河川の環境・生態系を守るのが魚道です。ホントに??
生物学・環境学・工学・行政が複雑に絡み合う中、誰も調べてこなかった北海道にある魚道を調査・研究するゲストが登場する第3夜。設計者と施工者の立場から様々な形態の魚道について、お話しします。
人間が考える「さかなの心」と、魚道の今後とは。最初の魚道から最新事情まで、なぜ?どうして?を最先端の「造り手」と語り合う90分です。
ゲスト:奈良哲男氏、佐藤哲也氏(NPO法人北海道魚道研究会)
日時:2012年8月23日(木) 18:30-20:00 (開場18:00)
会場:函館市中央図書館カフェ「ボルヤン」(函館市五稜郭町26-1)
対象:大人向け
主催:サイエンス・サポート函館 科学楽しみ隊
———————–
9位に上昇!
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ


ページ:«123456789...15»