6月 23, 2015 - G4    劇団G4 2015春公演終了と・・・ はコメントを受け付けていません。

劇団G4 2015春公演終了と・・・

※約2か月ぶりの更新です!お久しぶりです。

プリント
さて、私が所属している劇団G4の2015春公演「愛とバクダン」がおかげさまで無事終了しました!(気づいたらブログで告知すらしていなかった・・・)ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!お楽しみいただけましたか?関係者の皆さんはお疲れ様でした!舞台写真はこちら。

初の快挙として3回公演のうち2回の前売チケットが完売!うれしい悲鳴でございます。ちなみに私は前説とトークとミニライブの司会をしました。とても楽しい公演でした!

また、今年で3回目になる高校演劇部の同時上演。今回は中部高校さんでした!高校生が何かを一生懸命取り組む姿って何物にも代えられませんね!何度か青年センターに稽古で来てくれましたが元気をもらいました!

11110138_1592360097684113_5411247218471835758_n
そういえば、公演の取材を北海道新聞みなみ風さんにしていただきました!ありがとうございます。
この取材に私は写り損ねたはずなのに…某所で「中部高校の学生と演劇やるって言って一緒に載ってましたね!」と言われたのが個人的にウケましたw どなたと間違ったのかな~まあ、G4のことで記事になってるから載ってて当然という潜在意識があるかもしれませんね。もしそうだったら大変光栄です。

1506g4_21
今回は新人4人が加わった公演!役者は総勢15名でした!
それこそ話の舞台は劇場!個性あふれる演出、脚本家、役者、裏方スタッフなどが次々と登場します。舞台を作りあげていくなかで未来から来た「人間爆弾」が登場・・・物語の鍵となってお話が進んでいきます。人間爆弾を回収しようと未来からやってきた科学者とアンドロイドも個性的。なんといっても、照明や音響も役者を兼ねるという斬新な作り!客席の後ろからセリフを発しました。最初にその作りを知ったときは衝撃でした。さすがマイクさんです。あっ!ランウェイの照明はテンションがあがりますねw 舞台写真はこちら。

150621snap049
また、2年間一生懸命劇団を盛り上げてくれた関場君のラスト公演でした!
色紙にみんなでメッセージを書いてプレゼントしました!劇団員以外では芸術ホールスタッフやステージラボメンバーにも書いてもらいました。ご協力いただいた皆さんありがとうございました。彼がいなくなると寂しいというか静かになるわ~(ほめ言葉w)

そして、打ち上げの最後には大事な発表もしました。はい・・・
代表木村と仙石は今年11月23日(月・祝)の箱館演劇ライン(旧:函館演劇フェスティバル)参加公演をもって劇団G4を退団します!12年目の決意です。これまで劇団員としての私を応援していただいた皆さん、ありがとうございました!

なお、急な発表だったためその場にいたメンバーに衝撃が走りました・・・ビックリさせてしまい申し訳なかったと反省しています。

しかし、最近は若いメンバーがたくさん入りました!この決意は芝居の作り方や取り組み方、組織体制・運営のことなど、年上の顔を気にすることなく活動してほしいという思いからです。もちろん今すぐ「はい!さよなら!」というわけにはいかないので、11月以降は飯塚氏指名の相談役として劇団を全力でバックアップ(それって・・・稽古に行かないだけか?w)し、違った側面から函館演劇界もあわせて全力で盛り上げていきたいと思っています!私にとってサークル活動の原点は劇団G4なのでつながりはずっと大事にしていきたいです。

これからも劇団G4および函館演劇界発展のためのご支援をよろしくお願い申し上げます!


4月 24, 2015 - スキー, 函館    横津岳山登り2015 はコメントを受け付けていません。

横津岳山登り2015

今年も未来大学の金森さんにお誘いいただき、このほど(先週土曜日)山登りに行ってきました!昨年のレポートはこちら。
今年は北海道大学の東さんも途中まで一緒に登りました!集合時間は山のふもとに朝7時。行ったのは今回も数年前に閉鎖された「横津岳国際スキー場」のさらに上です。そこへ行くための道が4月10日の昼頃から解除されました。スキー場までは車で行って、そこからスノーシュー(金森さんが貸してくれました)に履き替えて、スキーを担いで山を登ります。昨年のゴールは標高1,078メートルの烏帽子岳でしたが、今回は標高1,108メートルの袴腰岳(函館市内最高峰)を目指します!

昨年登ったとき、超人金森さんが途中で私のスキーを担いでくれました。
しかし、下山した際の金森さんの一言・・・
「来年は自分でスキーを担いでくださいね!」
その通り!!!私が1000%悪い・・・

この一言が原動力になり、私の運動への考え方を変えてくれました!
1年間、ランニングやウォーキングで健康的に体重(約6kg)を落としつつ体力もつけました!身体を動かすことの大切さと楽しさを実感しているので本当に感謝しています。身体を動かすのって楽しいですね!

さて、本題。

150418yama004
AM 7:56 駐車場から出発して、割と緩やかな坂の「第1ゲレンデ」(駐車場の上)を登りました。このゲレンデを最後まで登ると標高840メートルほどです。東さんとはここから別行動になりました。

150418yama010
AM 8:43 第1ゲレンデの奥の樹木たちを潜り抜けて、まずは烏帽子岳を目指しますが・・・途中で面白い形の氷たちに出会います!

150418yama024
どうやら、木々についた氷が解けて地面に落ちていたようです。これも自然の神秘ですね。

150418yama045
AM 9:42 今年は雪解けが早いため、地面の笹などが結構見えていました。後ろに見えるのは「横津岳航空路監視レーダー」です。よって、この近辺は携帯の電波が入ります!確か劇団MLが入りましたw

150418yama049
AM 9:54 昨年のゴールでもある「烏帽子岳(標高1,078メートル)」に到着!
全然雪がありませんでした・・・しかもずっと歩いていると暑くなるため、上着は脱いでしまうくらいです。無理をして上着を着たままだと汗がたくさんでて、体力を消耗してしまいます。道中、金森さんからアドバイスをいただき、その場その場で最適なセッティングをしてのぞみました。

ちょっと休憩した後、スキーに履き替えて標高を下げないようトラバース(横滑り)しましたが笹たちに足を取られて大変な思いをしましたw 昨年は雪がたくさんあったのに・・・

150418yama051
AM 10:30 気を取り直して、さらにその上・・・袴腰岳を目指します!

untitled
頂上は遠かった・・・!?そんなに簡単にはやってきません。常に私の前を先導してくれた金森さん。

金森さん「今日、ここからの坂が一番きついですよ!」
私「え?さっきもそれ、言いませんでしたか?」
金森さん「はい。嘘つきました。」
私「(笑笑笑)」

3回ほど急な坂の連続を味わいます!
「頂上に着いた!」と思いきや、まだ何個か山を越えなければゴールにたどり着きません。
しかし、金森さんに励まされて前進します!

150418yama058
AM 11:03 標高1,108メートルの袴腰岳(函館市内最高峰)に到着!いや~気持ちよかったです!ものすごい達成感を味わえました。雪があればこの先をスキーで滑って登り返す予定でしたが今回は断念・・・

150418yama077
AM 11:34 頂上でちょっと休憩して、スキーに履き替えたりスノーシューに履き替えたりしながら下山します。今回、雪が少なかったこともあり・・・ちゃんと滑れたのはこの写真を撮ったときだけだったかもしれませんw でも全然OKです!

150418yama085
AM 11:50 ちなみに袴腰岳はこの写真の奥のさらに奥の奥・・・よくもまあ、スキーを担いで登ったものだw

150418yama089
AM 12:23 スキーに履き替えてスケーティングしながらスキー場に向かいます!何度も言いますが、袴腰岳はこの写真の右側の一番上w

今回はスキーをするというより山登りでとても貴重な経験ができました!スキーを担いで無事に下山できたので、ハーフマラソン参加への自信にもつながりました。金森さん、東さんありがとうございました!来年もがんばりたいです!来年こそはたくさん雪がありますように・・・

追伸 せっかく行ったんだからの「心残り」(ないものねだりともいう)
1.昨年、コンデジカメラの充電が切れたこともあり、前日に充電したらそのまま家に忘れてきたこと。金森さんが一眼で写真を撮ってくれたからよかったものの充電しなくてよかったw
2.雪があまりなかった・・・
3.天気がちょっとくもっていたけれど、次の日がめちゃくちゃ快晴だったこと。

昨年、金森さんからいただいたコメントを下記に転載します。

※【注意(金森さんコメント要約)】
「登山や山スキーは大変危険なスポーツです。装備・体力・技術・事故対応のことなど十分に準備をすること、「自身の責任で」行くことが基本の世界です。天候はじめとする現地の状況確認、万が一の事故時のアプローチのし易さ、万が一の事故時の対応の覚悟、いろんなことを考えて判断が必要になりますのであまり気安い体験ではありません。横津道路の冬季通行止めが解除されましたが、入られる方は十分お気をつけて」とのことです。


4月 18, 2015 - 日記, 科学楽しみ隊, 青年センター    Fe+3/4O2+3/2H2O=Fe(OH)3+96kcal/mol はコメントを受け付けていません。

Fe+3/4O2+3/2H2O=Fe(OH)3+96kcal/mol

※約20日ぶりの更新です!毎日更新って、よくよく考えてみたら無理がありましたね・・・しかしまあ、良く書いていたもんだw

さて、このほど科学楽しみ隊の例会がありました!書く時間がやっとこさできたので書きます。

150414tanoshimi12
今週火曜日に定例会が行われました。この日の科学お楽しみタイムはみんなでホッカイロを作りましたよ!

150414tanoshimi26
Fe+3/4O2+3/2H2O=Fe(OH)3+96kcal/molということで・・・

鉄と酸素と水が化学反応すると、水酸化第二鉄が出来るのと同時に熱が発生します!ちかこ先生が用意した材料では76℃まで上がりました!

150414tanoshimi27
また、市販のホッカイロをペットボトルの中に入れて酸素ボンベで急激に酸化させました。ペットボトル内の酸素濃度が20%ほどからほぼ100%になることで、鉄の酸化に使われてなくなってしまったため、中がほぼ真空状態になったので、外の気圧に押されてペットボトルが凹みます。笹原さんは凹みません。

ちかこ先生、準備ありがとうございました!

今年9月の青年センターフェスティバルにおいては、科学楽しみ隊はこの実験を出展することに大決定しました!!!ぜひ体験しにきてください。

150413kawaraban2s
あと宣伝!
先日発行された青年センター広報誌「ゆぅすかわらばん第15号」まちづくりセンター広報誌「はこまち通信 第32号」に科学楽しみ隊が取り上げられています!市内各公共施設に設置されていますし、リンク先(ゆぅすかわらばんはこまち通信)からPDF形式で見られますのでぜひご覧ください。ゆぅすかわらばんは当然仕事として編集に関わりましたが、はこまち通信はまちセンスタッフから依頼があり原稿を書かせてもらいました。科学楽しみ隊をより多くの人に知ってもらうことを心掛けましたが、書いているうちに団体PRチラシにそのまま使えるほど情報の整理ができたのでとてもよかったです!

科学楽しみ隊では、科学に関心があって「みんなで仲良く楽しく」活動できる方であればどなたでも入会することができます。毎月第2火曜日夜に行われる定例会@青年センターでは「お楽しみ科学実験」を行います!お試し参加も歓迎しております!お気軽にお問い合わせ(サイエンス・サポート函館事務局 0138-34-6527 公立はこだて未来大学内 担当/金森)ください!

※とまあ、こんな感じで気が向いたら書きます。無理なく続けていけたらと思いますので、末長くこのブログにお付き合いください!


3月 30, 2015 - 日記    33歳を一区切りに はコメントを受け付けていません。

33歳を一区切りに

本日、3月30日で33歳になりました!
お祝いしてくれた皆さんありがとうございます!3のゾロ目です・・・3Q!

さて、以前からお知らせしておりますが
このブログの連続更新を今日で凍結いたします。

2005年1月からこのブログを書いています。過去の記事を検索して調べてみると・・・どうやら2005年7月26日の記事から1日も欠かさずに更新していたようです。多少はズルい更新をしていますがご容赦くださいw 毎日約400人の方にご覧いただいております。約10年間、いつもご覧になってくれている皆さんおかれましては本当にありがとうございました!実は2014年12月末日をもって連続更新を凍結する予定でしたが「あつがいさんいますか?」の件があったため、ちょっとだけ伸ばしました。その方には本当に感謝感謝です!記事総数は管理画面上3,660件あるようです。そんなにそんなに何を書いたんでしょうかねw Jugemからの移行後、開設当初はMovableType3で開始しました。記事が増えて構築が遅くなってきたり、MTの旧バージョンサポートが終了したこともあって2013年1月からはWordPressに移行しました。

さて、この10年間で一番大きな転機は有限会社ビットアンドインクから函館市青年センターセンター長へ転職したことです。29歳にしてセンター長の任に就くことは重責でした。今でもそれは変わりませんが、33歳のこの区切りを節目とし、公職として気持ち新たに職務を全うしていきたいと考えております。このブログを始めたころは自分がその立場にあるなんて考えてもいませんでした!10年は人生の約3分の1だし、そう考えると10年ってとても長い!!!
ビットアンドインクではグラフィックの仕事に携わり、物事をクリエイティブな発想で捉えられるようになりました。何物にも代えられない経験です。星野社長や取引先の皆さん、デザイナーの大先輩の皆さんには感謝してもしきれません!現在はその経験を活かして、青年センターにおいて周囲のスタッフにも恵まれて様々なことにチャレンジさせてもらっています。おかげさまで利用者や団体、行きかう人の笑顔が増えてとても充実した毎日を過ごさせてもらっています。

話を戻します。はてさてどうして毎日更新を決意したのかはもう忘れましたがw 最近は更新することが目的になってきており、しっかりと発信できているとは言えないと認識しています。書いている内容は日々の私の日常をつづっているだけで人様に見てもらえるようなものではないと思っておりますが、前職時代は発信してよかったことも今の公職の立場では発信できないことも多々出てきました。一方で発信したいことは青年センターのブログでほとんど書いているので重複していたのも正直なところです。このブログでは、青年センターのブログに書くようなことではないことを、公共サービスのお仕事に関わっている一人の人間として社会的に発信・発言したいときに活用していたところです。しかし、最近になってありがたいことにデザインやグラフィック関係のご依頼をいただくことが増えてきており、そこまで時間を避けなくなってきました。休みの日、勤務後(帰宅後)、劇団稽古終了後に「更新しなくちゃ!」と思うのが億劫で億劫で・・・あと、おかげさまで劇団G4の活動(今年で12年目!)や科学楽しみ隊の活動が軌道に乗ってきました!未来大の同窓会長としてももっとがんばらなければと思っている今日この頃です。昨今はFacebookなどで近況をお伝えする手段があるのでこれからはそちらを活用して情報を発信していきたいと思います。

この10年間発信し続けていて喜ばれたこともたくさんありましたし情報掲載依頼もありましたが、お叱りを受けたこともありました!とてもいい経験です。要はいろんなことがありました!「まとめ」が雑とか言わないでくださいw

連続更新は今日で終わりですが閉鎖はしません。忘れたころにまた何か書くかもしれません。(NPOの大先輩である加納さんのようなセリフですね!)

その分、これからはもっと本を読んだり勉強したり、ランニングする時間を増やしていきたいと思っています。このことで公私にいかせる有益な時間になると考えています。

これからもこの街で。
地域の皆さんのお役にたてるよう精一杯生きていきます。今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。ありがとうございました!

仙石 智義

追伸
とりあえず、今年は函館ハーフマラソンの完走を目指してがんばります!最近、走るのが楽しくなってきました。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


3月 29, 2015 - ミニ四駆, 日記, 青年センター    ミニ四駆大会と誕生日祝い はコメントを受け付けていません。

ミニ四駆大会と誕生日祝い

150329mini4wd_084
今日は青年センター主催第4回ミニ四駆競技大会でした!67名の選手が参加し、白熱した熱いレースが繰り広げられました!レポートはこちらをご覧ください!

初めて体育館での開催&大幅な定員増&コースの長さ増で、1次予選がかなり長引いてしまいどうなることかと思いましたが、前回までのノウハウを活かしつつ参加者の皆さんの協力もあって無事終了しました!ありがとうございました!
函館のミニ四レーサーにとって年に1回の御祭り的大会として位置づけられているらしく、うれしいことに今回は札幌からの参戦もありました!重ねてお礼申し上げます!ご協力いただいた企業の皆さん、当日お手伝いしてくれたサークルの皆さん、ありがとうございました!おかげさまで企画担当者としてとても楽しくワクワクで進行させてもらいました!これからも地域と連携した事業を展開していきたいですね!

大会終了後は・・・

150329mini4wd_479
スタッフみんなで私の誕生日祝いをしてくれました!ありがとうございます!最高です!
3月30日で33歳(3ぞろい!)になります・・・これからもよろしくお願いします!

そして、予告していた通り、明日をもって約10年続けたこのブログの連続更新を終了したいと思います。いままでありがとうございました!

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


ページ:«1234567...733»