2月 27, 2015 - G4    お誕生日公演 はコメントを受け付けていません。

お誕生日公演

150227otsuka09
ステージラボ2014 コンプレックス・シアターVol.3 参加作品 「大塚衝撃王(仮)」1回目の公演が無事終了しました!ご来場いただいた皆さんありがとうございました!2回目の公演は明日2月28日(土)11:20から函館市芸術ホールで上演されます。大笑いしたい方、ぜひご来場ください!

150227kon3
今回も私は照明でした・・・!?当日小屋入りして色々変わりましたが・・・よい作品にするためにもっともっと柔軟に対応できるようになりたいと思った次第です。リハーサルでミスっておいたおかげ(笑)で、本番は音響・照明ともに何とかうまくいきました!スパッとした思い切りが大事です。躊躇したらダメですね!

150227otsuka18
飯塚さんは今日が45歳の誕生日!おめでとうございます!本番終了後、サプライズお誕生会をやりました!公演本番日が誕生日だなんて・・・演劇人冥利につきますねw

明日もがんばります!

ステージラボ2014 コンプレックス・シアターVol.3 参加作品
「大塚衝撃王(仮)」

プリント
函館市芸術ホール リハーサル室
2月27日(金)19:30~
2月28日(土)11:20~
(開場は20分前)

  劇団G4プロデュースユニット「大塚小劇場」
出演 いいづか ゆたか 大川 知利

あらすじ
とある日、とある場所で、いいづかとさとしは函館市芸術ホールで開催されるコンプレックスシアターVol.3に参加することを決めた!
さあ!どうする?脚本は?演出は?照明は?音響は?…それは見てのお楽しみ♪

お問い合わせ complex@gggg.jp
1ステージチケット 一般1,000円 学生500円
チケット取扱所 函館市芸術ホール
主催 公益財団法人 函館市文化・スポーツ振興財団

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 26, 2015 - ガンダム    待てるか・・・あと2日 はコメントを受け付けていません。

待てるか・・・あと2日

「残弾、1か・・・」
「いけるか、あと2隻」

はい。タイトルをシャアのセリフとかけてみました。

いよいよ公開まであと2日となった「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」冒頭7分映像が先日公開されましたが、これだけですでに涙モノです。待ちに待った公開です。どうして、シャアってこんなにかっこいいんでしょうね。全4部作とのことです。

ガンダムを全く知らない人のために言っておきますが、今回公開される作品は簡単に言うと「シャアがいかにして復讐者として赤い彗星になったかのお話」です。11歳のころはまだキャスバルでしたしね・・・いつからシャアになったかは2部以降に描かれると思います。原作は安彦良和さん(機動戦士ガンダムのキャラクターデザイナー)によるコミックです。

今回は多方面でのメディア展開がすごいですね~東洋経済が一番わかりやすかった。
多くの雑誌やインターネットで特集で取り上げられています。ふなっし~まで出てくる始末。
キャッチフレーズが「ガンダムは、なぜ今でも人々を魅了するのか」「ガンダムは人生の師なり」など・・・若干大げさな気もしますがw

150226char_s
AERAの表紙が一番熱い・・・(中吊り画像)
雑誌自体、気になった時事記事があったときは本屋さんで立ち読みしていますが今回ばかりは買ってしまった・・・。

最近、私のガンダムの捉え方がちょっと変わってきました。昨今の中東情勢を見ているとそのように連想させてくれるようになりました。
多様な人の価値観や力関係、宗教観などが作品中で表現されていますから、それが原因でひとたび争いをはじめてしまえば・・・わかりあうことが困難になるということをガンダムは訴えているんだという見方をしています。

話は戻ってパッケージ展開。ガンダムUCの時と同じ手法ですが、劇場でのイベント上映とインターネット配信・・・からの映像パッケージ展開。コアなファンを含めた幅広いファンへのアプローチがどんな方法が一番いいのか、作品の売り出し方も時代とともに変わっていきます。

ということで、冒頭7分は下記からご覧になれます。
極めて高い作画のクオリティ、セル画風のCGをふんだんに活用したアクションシーン。まさに映像美・・・ガンダムファンならずとも必見です。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 25, 2015 - 科学祭    科学祭2015プログラム編成WG 2回目 はコメントを受け付けていません。

科学祭2015プログラム編成WG 2回目

150225wg6
先日、科学祭2015プログラム編成ワーキンググループの1回目が行われましたが、今日は2回目のワーキングが行われました!今日の青年センターは他の部屋がぜんぶ埋まっていたので調理室で・・・!?最近、水曜夜間の利用率がものすごいことになっていると一方で再認識。

さて、高専の下郡先生は今回もスカイプ参加!今回から笹原先生も参戦!前回WGやキックオフ時に出たアイディアを元にどのようにプログラム展開するかなどたたき台を出し合いました。新しいネタも何個か出ましたよ!協力を依頼する団体やプログラム内容、場所、時期など、親和性を重視して可能な限り実際の暦に入れておおまかなスケジュールを作るところまで行きました。

今日再認識したことは、科学祭も年を重ねるごとにいろんなつながりが増えて行ってるな~ということです。

このつながりは大事にして、これからも活動を広めていきたいですね。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 24, 2015 - 函館    麺や藏人 一日限定!函館出張イベント はコメントを受け付けていません。

麺や藏人 一日限定!函館出張イベント

ラーメンフリークの方に耳寄り情報です!

群馬県・伊勢崎市で大人気のらーめん店「麺や藏人」が1日だけ函館で出張出店します!ホームページはこちら
3月4日(水)に2部制に分かれて行われ、場所は美原の函館市亀田福祉センターです!私は一部の方に行こうと思っています。

わざわざ群馬から出張出店するくらいですからね!地方での出張出店を通してその土地の人たちの感触を確かめた結果・・・お店の味&雰囲気がその土地になじむと判断できたら進出してくるのかな???といっても、だんだんとその土地の人の舌に合うよう味が変わっていくとも言われていますがw

いずれにしても、函館はラーメンが激戦区!外から新しい味が入ってくることは一市民としては大歓迎!同業者の方はそうでもないかもしれませんが・・・

※以下、FBページから引用しました。

10942626_752047074910557_7518647063069738067_n

麺や藏人 一日限定! 函館出張イベント

藏人のらーめんは、店主が料理人生30年以上の持てる技術を駆使し、一杯一杯情熱を注いで作られています。
なかでも「黄金の塩らーめん」は、食材の旨みが最大限に引き出され、極トロチャーシューとの相性も抜群!!
普段は、伊勢崎市に赴かなければ食べられませんが、数々のご縁によってついに函館への出張サービスを開催するに至りました!
看板メニューである「黄金の塩らーめん」を函館で堪能することが出来ますので、この機会にぜひご賞味ください!!

日時:2015年3月4日(水)
・昼の部・・・13:30~
・夜の部・・・16:00~

場所:函館市亀田福祉センター 一階 調理室

参加費:1000円(らーめん代、飲み物代等を含む)
※2月28日までに「代表者名」「代表者の連絡先」「参加人数」「参加希望する部」を明記の上、28日までにご連絡ください。28日を過ぎての参加希望は受付できません。

各種お問い合わせ・連絡先
email mennya.crowd3@gmail.com
tel 080-3346-0645
イベント主催者 内野 拓馬

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 23, 2015 - 日記    クロネコDM便 はコメントを受け付けていません。

クロネコDM便

今年の1月22日にヤマト運輸株式会社が発表した「クロネコメール便」の廃止。3月31日受け付け分をもって終了するとその際アナウンスされました。その理由として、法律では「信書」しか送ることができないにもかかわらず「信書」をメール便で送った場合、利用した人が法律違反の罪に問われるリスクを回避するためとしています。

ということで、本日になって4月1日からの「クロネコDM便」のサービス内容が発表されましたね!現段階のサービス詳細はこちら。

これは法的な面でとても身近なことだったので大注目です!

概要だけ簡単に掲載します。
「クロネコDM便」の料金は、郵便の代替としての利用をふせぐために定価を設けず、数量や届け先の地域ごとに仕分けるなど、出荷形態に応じて利用者ごとに決める方式とのことです。ただし、上限金額は「クロネコメール便」の上限である164円です。ちなみに、すでにクロネコメール便を契約している場合は4月1日以降も一定の移行期間を設けて(っていつまで?w)、その期間中は現行の「クロネコメール便」の料金のまま「クロネコDM便」を利用できるそうです。
「クロネコDM便」の特長は「カタログ・パンフレットといった販促物などを、全国へ送ることができる受領印を必要としない投函サービス」です。内容物は「宣伝・広告関連の商材や、販促物など(カタログ、チラシ、パンフレット、リーフレット、販促物および販促用CDやDVD、サンプル品など)」としており、別途中身は事前に種類を申告してもらい「非信書」であることを確認するそうです。

ってか、実は結構フワッとしてますねw

本日発表のニュースリリースはこちら。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村