11月 16, 2014 - 函館, 日記, G4    短編映画のロケ はコメントを受け付けていません。

短編映画のロケ

141116korokke027
今日は朝の6時から短編映画「コロッケとヘソクリ」のロケが私の家で行われました!
30年ほど使った家で撮影したいということで私の自宅を提供しました。

役者・スタッフがオール函館!
準備期間8ヶ月で、ロケは1日半というスケジュールw 撮影開始から1~2時間は撮影が思うように進みませんでしたが、後半で何とか巻き返しました。19時ころには撮影が終了しました。

141116korokke031
監督は今年劇団G4に入団した米谷さん、役者は劇団PaPの梅木彩羽さんと劇団G4の飯塚さんと代表の木村さんです。スタッフは劇団G4の柴田さん。
カメラマンは市内高校の吹奏楽演奏会や芸術ホールのステージラボなどの撮影をしてくれている高橋さんです。さすがプロ、機材は本格的でした!持ち運び可能なコンパクトなLED照明には驚かされました。撮影は一眼レフカメラの動画機能を使っていました。一眼は深度が浅いため、役者にしっかりとパキっとピンが入ります。レンズのF値が低ければ低いほど、その特徴は最大限発揮されますね。最近は自主制作映画の撮影で用いられています。そういや私が何年も前に購入したNikonのD90は世界初の動画機能搭載機で、当時はおまけ機能でした。しかし、今では一眼レフカメラの必須機能になっていて実用性が上がっていることを再認識して正直驚かされました。そして、マイク担当はマイク(劇団G4 工藤)さんのご主人!こちらもさすがプロでした!

141116korokke083
夜のシーンの撮影のために窓に黒紙を貼ります。近所から見たら何やら怪しい行動ですねw

141116korokke138
この作品は年明けに自主上映を行う予定です。また来年6月21日の劇団G4の公演でも上映する予定です。詳細が決定したらこのブログでもお知らせいたします。

141116korokke167
年頃の女の子がある重要な決断をする物語です。応援よろしくお願いします!FBページはこちら。

追伸
自宅の居間のじゅうたんが経年劣化(おそらく10年以上使用)でボロボロになっていたため、今回のロケにともない、いい機会なので取り換えました!私が休みだった直前の水曜日、レイアウト変更と掃除の手伝いに来てくれた米谷監督と柴田さんと一緒にホームセンターに行って8畳のじゅうたんを購入しようとしましたが、在庫がなくて注文しなくてはならない状況に・・・しかし、時間もないので注文はせず近所のじゅうたん専門店で購入して何とか解決しました。昨今、家の床がフローリングに代わってきているからか、ホームセンターでは大き目のじゅうたんの在庫をもたない傾向にあることがわかりました。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


Comments are closed.