3月 7, 2015 - 函館    NHK函館放送局と視聴者のふれあい広場 はコメントを受け付けていません。

NHK函館放送局と視聴者のふれあい広場

150307nhk5
今日は放送開始90周年記念「NHK函館放送局と視聴者のふれあい広場」@五島軒本店に行ってきました!VK懇話会の会員ということもあり毎年参加しています。(昨年の様子はこちら
VKの語源はNHK函館放送局のコールサインである「JOVK」です。公共放送・NHKの活動を支援している地域の視聴者組織で、毎年1回「VK懇話会のつどい」が行われています。所用のため、講演後のつどいは欠席しました。

「VKプレミアムアーカイブス~よみがえる新日本紀行~」では、1971年 昭和46年5月31日放送された「新日本紀行 船団集結~函館~」を鑑賞しました。当時の他の番組はテープが上書きされており記録が残っていないということですが、この番組は16ミリフィルムで撮影されていたため全放送分が残っているそうです。それもまた大変興味深いお話です。

番組は昭和27年から再開された北洋漁業で栄えた函館のまちについてでした。昭和46年の函館における工場出荷額は755億円でそのうち母船式さけます漁獲などの漁業は219億円だったそうです。函館の産業は漁業が支えていたことがわかります。当時の函館矢野市長が船団を回って激励している映像も流れました。海で生きる函館、海で根ざした函館が描かれていた番組でした。

次は「村上里和 朗読とピアノの夕べ」でした。
NHKアナウンサーの村上里和(さとわ)さんによる朗読と岡本恵里さんによるピアノ(「月の光」ドビッシー)の演奏でした。村上さんは喉の調子が悪いということでしたが、心地よい朗読をお聞かせいただきました。絶妙なタイミングでかかるピアノによるBGMの演出もすばらしかったです。個人的には最後の朗読「生きる(谷川俊太郎 著)」がお気に入りでした。

NHKの皆さん、VK懇話会世話人の皆さんありがとうございました。

———–

クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


Comments are closed.