Browsing "日記"
4月 30, 2005 - 日記    No Comments

日ノ出町 ゴミ焼却場

始めていきました。
順を追って説明すると、
10:30 社長宅の物干し竿(3.5M)を昭和のホーマックで購入。同時にそれを運ぶためにホーマックからトラックを無料で貸借する。
10:45 社長宅に到着。物干し竿をおろし、20箱近くの枯れ葉がたっぷりつまった段ボールをトラックに積み込む。
11:00 日ノ出町ゴミ焼却場に到着。トラックごと重さを量る。この時点で10.9t。焼却場の門をくぐる。
11:15 ゴミを捨て終わり、再度トラックごと重さを量る。9.9t。100キロあったみたい・・・。入ったときとの差で会計です。「252円」也、やすっ!!
11:25 社長宅へ行き、枯れ葉を入れてあったプラスチックの入れ物(1箱)をおろす。
11:40 昭和のホーマック到着。制限時間(1時間)をオーバーしましたが、枯れ葉なんて運んだことなど言うわけもなく、つらっとして返却、オーバーしたけど何も言われませんでした。トラックを無料で貸してくれるのは、いいサービスとしみじみと感じる。
とまあ、こんな感じ。ひっかかるところはあると思いますが、何もつっこまないでください。(笑)
ってか、産業廃棄物を捨てるところ通称「からす山」以外に始めてああいうとこ行きました。非日常的なところに行くのは新鮮ですな〜。函館市、ゴミ焼却場のこともっとアピールしてもいいと思った。だって、やすいもん!!(笑)


4月 24, 2005 - 日記    2 Comments

大門散策でびっくり?!

久しぶりに歩いたら相当疲れました・・・。年ですね。大門OBの高橋さんが顔を出したいということで行ってきました。若いね、学生。(笑) で、H田氏が終盤で参上!? まじびっくり。ほんとびっくり。発狂してしまいました。


4月 22, 2005 - 日記    2 Comments

最近気付いたこと

自分って「キーボードのEnter」を叩く時の音がムチャクチャうるさい・・・。
近所迷惑な感じがしてきた。考えてみると、自分のDTPの師匠も結構デカイ音をたててる気がする。DTPやる人間の特性なのかな・・・。でも関係ないか・・・。(笑)


4月 18, 2005 - 日記    No Comments

スチームボーイ

なんだか知らないけど衝動に駆られてDVDを買ってしまった。昨年公開されたときは忙しくて見に行けなくて・・・。
で、今回DVDで見た。
率直な感想としては「おもしろかった」。
大友監督がこの作品で打ち出した「人間が科学とどう向き合うか」というテーマは、21世紀になった今、世の中がデジタルとフィジカルの狭間が曖昧になっている現代だからこそ皆が向き合うべきテーマであろう。というのは、現代における科学技術の原点には、この物語に登場する科学者たちの理念がどこかで生き続けているというのを忘れてはならないからだ。例え何百年たとうとも、「科学に対する考え方」、あるいは「それらによって生じる科学者たちの相違」には、科学自体に退化と進化を繰り返させ、発展させるエネルギーがある。
スチームボーイの舞台は19世紀のイギリス、産業革命による波及が世界中で起きていたとき、科学が戦争の兵器として必要不可欠な存在となっていた時代。それと対比して、現在のイラク戦争においても同じことがいえる。不謹慎かもしれないが、もはや科学の存在は戦争に必要不可欠なのは「当たり前の話」になっている。何を言いたいかというと、「科学は進歩し続けるが人間は何年たとうとも進化していない」ということだ。人間が戦争を繰り返すということはそういうことだ。この作品にはそういうメッセージも込められているのではないかと考えてみた。考え方を変えてみると、「人間が科学に振り回されているだけ」で人間自体は進化せず、科学の進歩が一人歩きを始め、科学の行き先を人間は見極めることが困難になってきていると、とることもできるのではないか。そんな様々なメッセージが込められているのが、この作品だとあっがいは思う。
人それぞれ感じるところは異なると思われますが、
でも僕は「戦争反対」です。
追伸
作品をアニメとしてみた場合の感想です。構想9年にしては、おもしろいんだけどちょっと物足りなかったかなと感じる作品でもありました。続編に期待します。それはアニメとしてみたときのおもしろさと、科学に対する考え方の両方を追求した作品になっていてほしいということ。AKIRAとはまた一味違った世界観とテーマがこの作品の魅力ですね。


固定ページ:«1...313314315316317318319320