1月 26, 2015 - 日記    たかが文字組み、されど文字組み はコメントを受け付けていません

たかが文字組み、されど文字組み

函館のとある冊子の制作依頼を受けています。
歴史的資料でとても価値のあるものなので大変光栄です。
結構なページ数なので、このボリュームは現役時代以来です。
正月からちょっとずつ組み始めて、そろそろ佳境です。

「たかが文字組み、されど文字組み」

ただ単純に文字を置くのではなく、文字の大きさ、フォントの特徴、写真の大きさも考えて、パッと見たときにスッキリして見えるかどうか、白と黒のバランスを考えて組む!
「白も色」です。

かっこいいデザイン性を求められるものと違って、読んでもらうためのものだから「普通」を目指しています。読みづらい文字組みには何らかの「違和感」を感じますからね。

そして、ひらがなと漢字ってやっぱり美しいとあらためて思う。
そのバランスも絶妙です。
日本語の文字組みを見ていると落ち着く。
日本に生まれてきたことに感謝。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


Comments are closed.