3月 2, 2015 - 青年センター    わざわざ御礼に来てくれた学生さん はコメントを受け付けていません

わざわざ御礼に来てくれた学生さん

高校生だけではなく、看護師を目指す学生さんたちも青年センター勉強スペースを活用しています。

常日頃、若者のニーズ収集のために彼らの邪魔にならない範囲で積極的に声をかけてコミュニケーションをとっています。

看護師の国家試験がこのほど実施されましたが、試験の直前まで毎日5~6人で勉強しているグループがいました。彼らが札幌で行われる試験に行くときに「センター長、教科書にメッセージを書いてください!」と言われたので、全員の教本に「絶対合格!」と筆で書いて送り出してあげました。

本日のことです。「あ!いた!」という声が事務室のカウンター越しから聞こえてきました。目を向けると彼らがいました。檻の中にいる動物を手招きする勢いでしたw

「試験が無事に終わりました。青年センターがあったおかげで勉強もうまくいきました。」と札幌土産を持ってわざわざお礼にきてくれたのです。

ほんとうれしかったですね!これからも若い人たちにとってよい記憶が残り価値ある青年センターを作っていきたいです!

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


3月 1, 2015 - 函館, 日記    地方消滅 はコメントを受け付けていません

地方消滅

150301chihou_s
最近読んでいる本が「地方消滅」です。

内容が恐ろしくて恐ろしくて・・・読んでいると具合が悪くなります。でも身近な話題だし、自分の生活に直結しているのでグイグイ読めちゃいます。読み終わったらセンター長文庫に設置しようと思います。

ちなみに函館の人口は現在27万人程度ですが、2060年には11万3千人、2090年には5万2千人になると予想されています。全国の1700ある自治体のうち約896の自治体が消滅可能性都市で、函館もそれに入っています。

日本の人口を維持するための必要な出生率(一人の女性が一生のうちに産む子どもの平均数)は2.07で、これが人口置換水準と言われています。しかし昨今の日本の出生率は1.43なので、それは人口がずっと減り続けていくことを意味しているそうです・・・。このままいくと2100年には日本の人口が今の半分以下になるかもしれません。仮に出生率が2.07になったとしても今から生まれてくる子どもたちが親になるまでの数十年は人口が減り続けるということです。また、人口再生産力が極めて乏しく子どもが育てづらい出生率の低い都市部への一極集中が進んでおり、地方からの人口流出が激しいのもそれに拍車をかけていると指摘しています。

持続可能なためにいま地方に住んでいる私たちにできることは何なのか・・・それを考えていかなければなりませんね。

って、私も独身ですから言えた立場ではありませんが・・・!?

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 28, 2015 - G4    演劇三昧 はコメントを受け付けていません

演劇三昧

150227otsuka16
ステージラボ2014 コンプレックス・シアターVol.3 参加作品 「大塚衝撃王(仮)」の公演が2回とも無事(?)終了しました!2回公演で105名のお客様にご来場いただきました!ありがとうございました!劇団G4ホームページに公演写真をアップしました!どうぞご覧ください!

150228comp4s
ということで、自分のところの公演が終わったのでホッと一息?!

今日はずっと観劇!パスチケットで立て続けに5本見ました・・・さすがに疲れました・・・w

個人的には教育大演劇部劇団PaPの派生グループ「劇団bab」の「犯罪ウォッチ」が一番笑いのツボでした!「41×46」の「不意うちクラッカー」は脚本・演出の完成度が高すぎてビックリ・・・役者もハマっていて最高でした!っていうかズルいw 芝居組「虎」と未来大演劇部「劇座不手際」のユニット「楽しいふてとら一家」の「漫画家 手塚藤子の憂鬱」もとても丁寧に作りこまれていて楽しい公演でした!

やっぱり喜劇がわかりやすくて見ていて安心しますねw

コンプレックスシアターは明日まで実施されています!
お時間がある方はどうぞ足をお運びください!
公演時間は下記の通りです!投票結果が気になるところです・・・

2015-01-21-02.34.40

コンプレックス・シアターVol.3(最終日)
3月1日(日) ※一本目は11:20開演
場所:函館市芸術ホール リハーサル室
出演団体(かぎカッコ内は作品名)
・劇団Lay『リボンは代わりに置いてきた』
・劇団bab『犯罪ウォッチ』
・K.O.project『木常唯の複雑な乙女心はケチャップ色』
・楽しいふてとら一家『漫画家 手塚藤子の憂鬱』

パスチケット:一般/3,000円 学生/1,500円【お得です!】
1ステージチケット:一般/1,000円 学生/500円

パンフレットはこちらからダウンロードしてご覧ください。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 27, 2015 - G4    お誕生日公演 はコメントを受け付けていません

お誕生日公演

150227otsuka09
ステージラボ2014 コンプレックス・シアターVol.3 参加作品 「大塚衝撃王(仮)」1回目の公演が無事終了しました!ご来場いただいた皆さんありがとうございました!2回目の公演は明日2月28日(土)11:20から函館市芸術ホールで上演されます。大笑いしたい方、ぜひご来場ください!

150227kon3
今回も私は照明でした・・・!?当日小屋入りして色々変わりましたが・・・よい作品にするためにもっともっと柔軟に対応できるようになりたいと思った次第です。リハーサルでミスっておいたおかげ(笑)で、本番は音響・照明ともに何とかうまくいきました!スパッとした思い切りが大事です。躊躇したらダメですね!

150227otsuka18
飯塚さんは今日が45歳の誕生日!おめでとうございます!本番終了後、サプライズお誕生会をやりました!公演本番日が誕生日だなんて・・・演劇人冥利につきますねw

明日もがんばります!

ステージラボ2014 コンプレックス・シアターVol.3 参加作品
「大塚衝撃王(仮)」

函館市芸術ホール リハーサル室
2月27日(金)19:30~
2月28日(土)11:20~
(開場は20分前)

  劇団G4プロデュースユニット「大塚小劇場」
出演 いいづか ゆたか 大川 知利

あらすじ
とある日、とある場所で、いいづかとさとしは函館市芸術ホールで開催されるコンプレックスシアターVol.3に参加することを決めた!
さあ!どうする?脚本は?演出は?照明は?音響は?…それは見てのお楽しみ♪

1ステージチケット 一般1,000円 学生500円
チケット取扱所 函館市芸術ホール
主催 公益財団法人 函館市文化・スポーツ振興財団

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


2月 26, 2015 - ガンダム    待てるか・・・あと2日 はコメントを受け付けていません

待てるか・・・あと2日

「残弾、1か・・・」
「いけるか、あと2隻」

はい。タイトルをシャアのセリフとかけてみました。

いよいよ公開まであと2日となった「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」冒頭7分映像が先日公開されましたが、これだけですでに涙モノです。待ちに待った公開です。どうして、シャアってこんなにかっこいいんでしょうね。全4部作とのことです。

ガンダムを全く知らない人のために言っておきますが、今回公開される作品は簡単に言うと「シャアがいかにして復讐者として赤い彗星になったかのお話」です。11歳のころはまだキャスバルでしたしね・・・いつからシャアになったかは2部以降に描かれると思います。原作は安彦良和さん(機動戦士ガンダムのキャラクターデザイナー)によるコミックです。

今回は多方面でのメディア展開がすごいですね~東洋経済が一番わかりやすかった。
多くの雑誌やインターネットで特集で取り上げられています。ふなっし~まで出てくる始末。
キャッチフレーズが「ガンダムは、なぜ今でも人々を魅了するのか」「ガンダムは人生の師なり」など・・・若干大げさな気もしますがw

150226char_s
AERAの表紙が一番熱い・・・(中吊り画像)
雑誌自体、気になった時事記事があったときは本屋さんで立ち読みしていますが今回ばかりは買ってしまった・・・。

最近、私のガンダムの捉え方がちょっと変わってきました。昨今の中東情勢を見ているとそのように連想させてくれるようになりました。
多様な人の価値観や力関係、宗教観などが作品中で表現されていますから、それが原因でひとたび争いをはじめてしまえば・・・わかりあうことが困難になるということをガンダムは訴えているんだという見方をしています。

話は戻ってパッケージ展開。ガンダムUCの時と同じ手法ですが、劇場でのイベント上映とインターネット配信・・・からの映像パッケージ展開。コアなファンを含めた幅広いファンへのアプローチがどんな方法が一番いいのか、作品の売り出し方も時代とともに変わっていきます。

ということで、冒頭7分は下記からご覧になれます。
極めて高い作画のクオリティ、セル画風のCGをふんだんに活用したアクションシーン。まさに映像美・・・ガンダムファンならずとも必見です。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


固定ページ:«1...6789101112...734»