3月 14, 2015 - 日記, G4    劇光カルメン観劇 はコメントを受け付けていません。

劇光カルメン観劇

今週はいいお芝居を2つも見たな~何だか得した気分でルンルンです!

150314karumen2s
劇団G4のメンバーがたくさん参加している「劇光カルメン」の初回を観劇してきました!

普段函館では見ることはできないような素晴らしい演出・構成でした!ダンスも主題歌の演奏(!)も照明も映像も装置もあんな風にできるんですね!函館の歴史や小ネタもところどころちりばめられていてよかった!ネタバレになるからこれ以上は言えないですが・・・

最後の舞台あいさつで加藤さんが「演劇をカジュアルに見られるよう、それがスタートになる舞台」と言っているのを聞いて激しく共感しました!そのことで、演劇をカジュアルにやれるようにもなり、演劇活動が活性化すればいいな~と思いました。

21人の参加者一人ひとりの個性が引き出された迫力ある舞台でした。東京サムライガンズの皆さん、モダンピースの佐々木さん、芸術ホールスタッフの皆さん、そしてこの舞台に関わっている皆さんありがとうございます!とても楽しい、あっという間の1時間半でした!

参加者の皆さん、明日もファイトです!っていうか、超楽しそうだったのでズルイです!w また役者やりたくなったw

本日のチケットは完売(超満員!)でしたが、明日は若干(!)残っているそうです。ぜひご来場ください!

公益財団法人北海道文化財団公益財団法人函館市文化・スポーツ振興財団主催による「舞台創造支援事業」函館市芸術ホールステージラボ2014 舞台工房 参加者修了公演に、キャストとして劇団G4の梶原沙紀、山本真希、坂口久美子、佐藤みほ、飯塚優が参加しています。また、演出助手として米谷志緒、林佐和子(兼自由形サークルLet’s)も参加しています。ぜひ足をお運びください。

北海道文化財団主催舞台創造支援事業
ステージラボ2014 舞台工房修了公演

「劇光カルメン」

■脚本/演出/総合監修
加藤隼平(東京サムライガンズ

10898117_774581985955732_7280912954161994042_n 10952396_774582065955724_4259205951112004456_n
27万人の函館市民に告ぐ この情熱で目を覚ませ!!

■あらすじ
舞台は10年前、閉鎖寸前の函館タバコ工場。
最後の大納会に向けて女工たちはリーダーの波田野愛を筆頭に『カルメン』の練習をしていた。そんなある日、工場に来た新聞記者の親子が一冊の手帳を落としていく。それを拾った女工達に衝撃が走った!!その中に書かれてあった内容とは…?しかし、それはこの後に続く事件の始まりに過ぎなかったのである―。

■日時
①3/14(土)19:00
②3/15(日)13:30
③3/15(日)17:30
※開場はいずれも30分前です

■場所
函館市芸術ホール・ギャラリー

■チケット
一般1,000円 学生500円
※各回100席ほどご用意いたしておりますので日時を指定してお買い求めください(完売の場合は御免なさい)
チケット販売開始は2/14(土)から!

■チケット取扱
函館市芸術ホール、函館市民会館、七飯町文化センター、北斗市総合文化センター

■出演キャスト
・舞台工房参加者
庭田育美、平原千聖、梶原沙紀、高山優寧、山本真希、西澤枝美、松井愛民、齋藤俊英、神弥生、古林園恵、坂口久美子佐藤みほ、西村カノン、梅木彩羽、北見さわ子、近江衿奈、岩川姫子、佐々木康弘、飯塚優

・賛助出演
志賀守(東京サムライガンズ)、星野ケンジ(東京サムライガンズ)、舩原孝路(東京サムライガンズ

・友情出演
active-A

■スタッフ
脚本・演出・総合監修/加藤隼平(東京サムライガンズ
振付・ダンス指導/佐々木貴仁(モダン・ピース)
舞台・照明/函館市芸術ホール
音響/富山那津子(ORANGE COYOTE)
美術/舞台工房参加者一同
衣装/佐藤久仁子(maison de couturier OZ)
演出助手/米谷志緒(劇団G4)林佐和子(自由形サークルLet’s)
楽曲提供/active-A
宣伝写真/佐々木康弘(編集企画室インサイド
宣伝美術/隅田信城(岡部広告室
記録撮影/高橋誠二(メディコムタカハシ

■お問い合わせ
函館市芸術ホール(0138‐55‐3521)

■パンフレット
 公演告知チラシ(PDF形式)

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


3月 13, 2015 - 函館    函館新外環状道路 はコメントを受け付けていません。

函館新外環状道路

150313sin
いよいよ明日です!函館新外環状道路が開通します!
それにしても長かったですね~開発局のホームページをみたら着手したのが平成13年だからね・・・未来大に通っているとき、工事をしているのを横目でずっと見ていました。これで渋滞がちょっとでも緩和されればいいですが。

といっても、今回開通するのは函館ICから赤川まで・・・空港までの距離15kmのうち2.4kmです。

空港まで産業道路を通らず一気に行けちゃうのはいつになるのやらw

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


3月 12, 2015 - 函館    Orchestre D’ Harmonie 函館ドルフィンズ 第18回定期演奏会(5/24) はコメントを受け付けていません。

Orchestre D’ Harmonie 函館ドルフィンズ 第18回定期演奏会(5/24)

私の前職時代のクライアント「Orchestre D’ Harmonie 函館ドルフィンズ」さんの印刷物制作のお手伝いをさせてもらっています。前職が事業縮小したこともありますが、ご依頼いただけるのはうれしいことです。デザイナーとして入社したばかり(たぶん入る前だったようなw)なのにも関わらず、団の方から制作のすべてをご依頼いただいたのです・・・実績もないのに本当にありがたいお話です。あのプロセスとステップがあったからこそ今の自分があると言っても過言ではありませんので、私にとって思い入れが深い案件ですしとても大切なつながりです。
私が学生時代に青年センターで活動するようになってからのお付き合いで、その当時は青年センターで練習されていました。吹奏楽ということもあり、人数が増えて編成が変わったこともあり現在は中道1丁目会館で練習しています。

ポスターのデザインですが、大変光栄なことに私が数年前に撮影した函館ブルー夜景が採用いただきました。また、今回の演奏会ではフィルハーモニック・ウインズ 大阪(OSAKAN)音楽監督の木村 吉宏さんがゲスト指揮者としてお見えになります。吹奏楽の業界ではとても有名な方です。ドルフィンズと言えばポップで楽しい演奏会ですが、今回はいつもと一味違った演奏会になりそうです。応援よろしくお願いします!

プリント
Orchestre D’ Harmonie 函館ドルフィンズ 第18回定期演奏会
日時/平成27年5月24日(日)18:00開演(17:30開場)
場所/函館市民会館大ホール

チケット
指定席 前売 800円 当日 1000円
(小学生以下300円引き)

自由席 前売 600円 当日 800円
(小学生以下無料)

チケット取扱店/
函館市民会館(指定席・自由席)
松柏堂プレイガイド全店(自由席のみ)

ゲスト指揮者/木村 吉宏 フィルハーモニック・ウインズ大阪 音楽監督
演奏曲目/大序曲「1812年」 アルメニアン・ダンスpart1 他

お問い合わせ/090-8899-6159(神)hakodate_dolphins@hotmail.co.jp
ホームページ/http://ameblo.jp/hakodate-dolphins/

主催/Orchestre D’ Harmonie 函館ドルフィンズ
後援/函館市 函館市教育委員会 公益財団法人 函館市文化・スポーツ振興財団 函館地区吹奏楽連盟 NHK函館放送局 NCV函館センター 函館山ロープウェイ(株)FMいるか 北海道新聞函館支社 函館新聞社

※当日は市民会館駐車場の混雑が予想されますので、公共交通機関のご利用をお奨めいたします。
※東日本大震災の被災者の皆様の救援および被災地の復興にお役立ていただきたく、チケット代金の一部を義援金として寄付いたします。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


3月 11, 2015 - 函館, 日記    ノクターン-夜想曲 はコメントを受け付けていません。

ノクターン-夜想曲

150310nokutan_s
昨日は富良野GROUP公演2015冬「ノクターン-夜想曲」を観劇してきました!
倉本聰さん脚本・演出の公演です。今年はいい席で見たいと思い年越し前にチケットを購入しずっと楽しみにしていました!毎年楽しみにしているツアー公演です。パンフレットにはご本人にサインしてもらいました。

今回は地震と津波と原発事故がテーマです。倉本さんご自身、実際に被災地に入って取材をした上で脚本を書いています。

※今後観劇する予定のある方は以下はネタバレ有です。

舞台は原発事故により避難区域となった海に近い一軒家に、津波で二人の娘を亡くした男と震災で同僚を亡くした新聞記者が入り込むところから始まります。そこへ父と大切な人を亡くしたという家主の彫刻家の女性が入ってきてお話が進んでいきます。途中、石膏によるピエロの彫刻が語り始めます。地方の小さな町がどんどん縮小していくこと、震災での出来事をたくさん語ります。ショパンによるピアノ演奏が世界観をより引き立てていました。

入院患者を抱えている看護師さんたちとその家族がどれだけ苦しんだか。
ご家族の遺体を求めて海岸で黙々と砂を掘る人。
震災により崩壊してしまった人間関係などなど。
芝居を見て泣いたことなんてないのに、最後は自然と涙が出てきました。いや~しびれた!

人間として生を受けた喜び、便利な世の中を求めたがゆえの責任、物事について思考を停止してはいけないこと、何より震災を風化させてはいけないという倉本さんからの強いメッセージがありました。

今日で東日本大震災からまる4年です。東日本大震災で亡くなられた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。

———–
クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


3月 10, 2015 - Mac    新しいMacBookについて はコメントを受け付けていません。

新しいMacBookについて

アップルの新製品発表会が本日の2時(日本時間)から行われました。

150310appletvair-01
何とかウォッチの傍ら(というか興味ないw)・・・
新MacBookAirが発表されるかと思いきや、新MacBookが発表されました!4月10日発売とのこと。

商品名がMacBookだったのが最初は目を疑いました。それでいてMacBookAirがマイナーチェンジしました。

で、その新MacBookの気になるスペック・・・
・史上最軽量…たったの920g(1キロを切った!)
・従来のMacBookAirより24%薄くなった13.1ミリ、しかも12インチのRetinaディスプレイ。
・USB“C”をいちはやく採用。しかもそのポートが一個のみ。
・バッテリーの持ち時間 最大9時間。
・256GB SSDが1299ドル。512GB SSDが1599ドル。
と言った具合でしょうか。

2008年にMacBookAirが発売されたときの衝撃は忘れもしません。余計なものは徹底的に排除し、すべてをインターネットを経由して取り込むという考え方。当時は画期的すぎてとまどいはありましたが、今となってはアップルが出したことをきっかけにほかのメーカーもそれに付いてきており、もはやスタンダードになった感があります。

今回のMacBookも・・・確かにすごい商品なんだということは認めます。
しかし!!!

USB”C”がまだあまり普及していないので機能性・利便性の上で未知数です。かといってUSB-C Multiport(9,500円)アダプタを買うのも不毛な気がしています。(このポートについてはGigazineで詳しくレポートしています。)あと、スペックも下がっているし、Retinaにしちゃったから値段だけ高くなった感があります。お金に余裕があって、ファッションとしてMacを持ちたいという方にはいいかもしれません。

総じていうと、個人的な感想としてはまだ買うまでには至りません・・・今だったらMacBookAirの方が全然実用的かと思います。っていうか、MacBookAirをRetinaディスプレイにしてくれるだけでいいんだけどw

でも、かつてのMacBookAirのように近い将来スタンダードになるんだろうかね・・・!?

※新MacBookについては、Gizmodoでわかりやすくまとめています。

———–

クリックお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


ページ:«123456789...733»